半導体について

半導体は電気伝導性の高い金属などの導体および電気抵抗率の大きな絶縁体の中間的な抵抗率を持つ物質で、電子部品の中には数多くの半導体素子の開発が行われているなど、電子機器には欠かせない存在になっています。

半導体を使う事で多機能な電子機器が誕生します

Semiconductorを日本語に直すと半導体になります。半導体は物質の名称であり、半導体を使った電子部品の事を半導体素子と言います。
半導体素子にはICやトランジスタ、ダイオードなどの種類があります。ICは集積回路の略称で、マイクロコンピュータやアナログスイッチ、オペアンプなど様々な機能を持つICの開発が進められています。
トランジスタはスイッチング回路や増幅回路などで活用する半導体、ダイオードは逆流防止や発光素子を持つLED、一定の電圧を作り出すツェナーダイオードなどの種類があります。
それぞれ電子回路の中で半導体が使われていますが、ICなどの場合ワンチップで機能を持つ電子回路になっているので、実装密度を高める事が容易に行えるなど電子機器には欠かせません。

半導体のデータシートとは何か?

半導体にはそれぞれデータシートと呼ばれている部品の仕様書があります。
データシートは半導体を使う時に欠かせないもので、外径や電気的特性、参考回路、等価回路などが掲載してあります。
ちなみに、電子機器を開発する場合、半導体のデータシートに記載してある参考回路を使って電子回路設計を行うケースが多くあります。
新しいICなどが登場した時、参考回路を使う事で開発コストを抑える効果やICの機能を使える電子回路設計が可能になります。
尚、等価回路とは、ある着目した特性に関し、相似の関係を持たせるように作った回路であり、半導体のデータシートに記載してある等価回路は半導体素子内部の電子回路でもあるのです。等価回路にはトランジスタや抵抗器、コンデンサなどがあり、多数の電子部品で構成が行われている事が明確になります。

ICを使わないと膨大な部品点数の電子回路が必要になります

ICが登場した事で、電子回路に使う電子部品の数が半減する事になります。
CDプレーヤーは今では一般的なオーディオ機器として多くの人々が利用していますが、CDプレーヤーが登場した頃には、多くの電子回路がプリント基板内に作り出され、そこには数多くの電子部品が実装してありました。
しかし、それぞれの機能を持つ半導体でもあるICの登場により、基板内の電子回路はIC内部の等価回路として収まり、プリント基板に実装する部品点数を減らせるようになったのです。
従来メイン基板には多数の部品が実装されていたものが、ICの内部に回路が収められると回路設計が短期間で可能になる、部品点数が少ないため製造コストが低くなり、低コストの製品を製造販売出来るようになったのです。